中国語 文法

【例文付きで完全マスター!】中国語の「到」の意味と使い方を徹底解説!

「中国語の『到』の使い方って?」「『到』の意味って何種類あるの?」

中国語の「到」って、中国語学習をしている私たちにとって、わかりにくい中国語の1つに入りますよね。

「就」や「才」ほどではありませんが、やっぱり「到」にも多くの使い方があります。

りゅうちゃ
りゅうちゃ
「『到』がなんで動詞の前にもあるの??」なんて思ったりしたこともあるのではないでしょうか?

今回は、中国語の「到」の使い方について、中国語学習歴7年、台湾語学留学経験ありの筆者が、どこよりもわかりやすく解説しています!

りゅうちゃ
りゅうちゃ
最後までしっかり読んで、「到」の使い方をマスターしちゃってください!

中国語の「到」は3種類

中国語の「到」は、簡単な文章から難しい文章までよく使われる単語です。

様々な使い方をする中国語の「到」ですが、主な使い方は全部で3種類です。

「到」の使い方
  • 動詞
  • 前置詞
  • 結果補語

では、3種類の「到」の使い方には、それぞれどんな意味があるのでしょうか?

りゅうちゃ
りゅうちゃ
次章から、例文を使って1つづつ解説していきますね!

中国語の「到」の使い方「動詞」

中国語の「到」の1つ目の使い方は、動詞としての使い方です。「到」を動詞として使う場合、基本文型は以下のようになります。

基本文型

「主語」+「到」+「場所・時間」

動詞の「到」には、「〜(に)つく/到着する」という意味と、「〜(時間・タイミングに)なる」という意味の2つがあります。

動詞の「到」の意味「〜(に)つく/到着する」

例)你家了吗?(家に着きましか?

この場合の「到」は、主語となる人や物が、特定の場所や地点に到着したことを表します。

動詞の「到」の意味「〜(時間・タイミングに)なる」

例)此刻终于了(ついにこの時が来

この場合の「到」は、予定・予期していたタイミングや時間になることを表します。

タイミングを表す場合は、「〜が来た」と訳すので「到」は時間を表す単語の後におきます。

中国語の「到」の使い方「前置詞」

中国語の「到」の2つ目の使い方は、「前置詞」としての使い方です。「到」を前置詞として使う場合、以下のような文型をとり、「〜に」という意味を表します。

基本文型

「主語」+「到」+「場所」+「動詞(去/来)」

前置詞の「到」の意味「〜に」

例)明天我要他家(明日彼の家に行く)

この場合の「到」は、後ろに場所を表す単語を伴って、「〜に」という意味を表します。

ただし、場所を表す単語の後には、文章の意味に合わせて「来」か「去」を置くのを忘れないようにしましょう。

りゅうちゃ
りゅうちゃ
行くなら「去」、来るなら「来」ですね!

また、「到」を使わずに、下の例のように「去/来」を使って同じ意味に書き換えることができます。

例)明天我要去他家(明日彼の家にいく)

りゅうちゃ
りゅうちゃ
意味は全く同じなのでどちらを使ってもOKです!
【例文付きで完全マスター!】中国語の「要」の意味と使い方を徹底解説!「中国語の『要』って、文章でよく見るけどどういう意味なの?」「『要』の使い方がわからない!」など、中国語の「要」に関して徹底解説!中国語学習歴7年、台湾語学留学経験ありの僕がわかりやすく解説しちゃいます!ぜひ立ち寄ってみてくださいね!...

中国語の「到」の使い方「結果補語」

中国語の「到」の3つ目の使い方は、「結果補語」としての使い方です。

結果補語とは、「動詞+結果補語」の形で使われ、動詞の意味を拡張したり補ったりする役割を果たします。「到」の場合は、「結果補語」としての意味が全部で5つあります。

「結果補語」の「到」の意味
  • 「〜(に)着いた」
  • 「(いついつまで)〜した」
  • 「〜(を)達成した」
  • 「〜(の程度に)達した」
  • 「(〜まで)〜した」

結果補語の「到」の意味「〜(に)着いた」

例)他前年搬这里来了(彼は一昨年ここに引っ越してきた)

この場合の「到」は、動作の結果、ある場所に到達することを表します。「〜に着く」ことを表すので、「到」の後ろには場所を表す単語が置かれます。

結果補語の「到」の意味「(いついつまで)〜した」

例)他们要吵什么时候呢?(彼らはいつまで喧嘩しているの?)

この場合の「到」は、ある時間までその動作が行われたことを表します。ですので、「到」の後ろには、時間を表す単語が置かれます。

結果補語の「到」の意味「〜(を)達成した」

例)我找工作了(私は仕事が見つかっ

この場合の「到」は、動作が行われて、ある結果が達成されたことを表します。ですので、「到」の後ろには、その動詞の対象となる名詞を置きます。

「動詞+到」と「動詞+了」の違い

「動詞+了」の場合は、「〜した」という単純な過去の事実を表します。

一方で、「動詞+到」の場合は、「〜した」という意味のほかに、「苦労して〜した」や、「やっと〜した」のような、「達成した」というニュアンスが含まれます。

結果補語の「到」の意味「〜(の程度に)達した」

例)他的中文已经学母语者的程度了(彼の中国語はすでにネイティブと同じレベルに達している

この場合の「到」は、その行為が「どの程度」まで行われたかを表します。ですので、「到」の後には程度を表す単語が置かれます。

結果補語の「到」の意味「(〜まで)〜した」

例)我昨天上课时,已经讲第八页了(私は昨日の授業で8ページまで授業した

この場合の「到」は、その行為が「どの範囲」まで行われたかを表します。ですので、「到」の後には範囲を表す単語が置かれます。

中国語の「到」の使い方「まとめ」

以上、今回は中国語の「到」の意味や使い方について解説させていただきました。最後にもう一度、本記事の重要点をおさらいしておきましょう。

本記事の重要点
  • 中国語の「到」には全部で3つの使い方がある
  • 動詞の「到」は、「〜(に)つく/到着する」「〜(時間・タイミングに)なる」
  • 前置詞の「到」は、「〜に」
  • 結果補語の「到」は、「〜(に)着く」「(いついつまで)〜した」「〜(を)達成する」「〜(の程度に)達する」「(〜まで)〜した」
りゅうちゃ
りゅうちゃ
今回も最後まで読んでいただき。ありがとうございました!一緒に中国語の勉強頑張っていきましょう!