中国語

『2020年最新版』中国語の程度別に分けておすすめ勉強法を紹介

りゅうちゃ
りゅうちゃ
どうも皆さまおはこんばんにちは、りゅうちゃでございます。

今日は、これから中国語を始めたいと言う方向けに、中国語学習歴6年の僕がオススメの勉強法を『程度別』にカテゴライズしてご紹介したいと思います。

この記事の信頼性
  • 今年で中国語歴6年目
  • 現在(2020年4月3日)は台湾に留学中
  • 文法的なこと、口語的なこと、どちらも知識として備わっている。
  • HSKは留学前に5級まで取得済み

中国語の勉強法は目指すレベルによって違う

結論から先に申し上げますと、中国語の勉強では段階別に勉強するのが最も効率のいい練習の仕方です。

もっと簡単に言えば、ただ漠然と練習しても意味がないということです。

手順としては、

  1. どの程度のレベルを目指すのか
  2. そのレベルに適した勉強をする
  3. さらに一歩上の段階のことに挑戦する。
  4. 一歩上のレベルに適した練習も並行して始める。

基本的にこのサイクルです。

そして今回は、

『簡単な文章が読める』日常会話レベルを目指す』『ビジネスレベルを目指す

この3つにカテゴライズしてお話ししていきます。

まず最初に目指すべきは、簡単な読み書きができるというレベルです。

読み書きは、言語における基礎的な部分にあたります。

たまに、『いや、ずっとリスニングやってれば勝手に伸びるでしょ』という人がいるのですが、それは一部の人だけです。

例を挙げるなら、海外育ちの人など。幼少の頃からその土地の言語シャワーを浴びていれば、読み書きなんかしなくても自然に話せるようになると思います。

ですが、僕たちはそうではないですし、いきなり聞いたところで単語も文法も分からなければそれはもう暗号とか呪文を聞いてるようなものです。

読み書きは、0を1にする過程ですね。

りゅうちゃ
りゅうちゃ
中国語に限らず、外国語は全てそうだと思いますが(笑)

簡単な文章が読める

  • 単語(ピンイン)の勉強
  • 文法の勉強

これは上述したように0を1にする過程なので、中国語を勉強するなら必ずここから始めましょう。

書店に売っている書籍ならばなんでもいいと思います。

ただし、必ず『初級者用』を買ってください。何度も言っているように、語学ははじめの一歩が一番大事なので、そこでつまずいてしまうと継続できなくなってしまいます。

最初から無理に中級や上級に手を出さず、コツコツ基礎から積み上げましょう。

一応僕のおすすめの書籍も載せておきます。

日常会話レベルを目指す

中国や台湾のドラマを理解できるようになりたい、旅行に行ったときにガイドなしで自由に歩き回れるレベルです。

  • リスニング練習
  • スピーキング練習

この2つの練習が必要になってきます。

そして大事なのは、

このスピーキングやリスニングで聞いた分を丸々暗記してしまうこと!!

丸暗記って、聞いた感じすごく効率が悪くてあんまりいい印象を持たない人が多いと思うのですが、語学の勉強においては非常に役に立ちます。

僕はいつもリスニングをしているときに、『あぁこの表現面白いな』とか『こういう言い方をするのか』と思った文章は、以下の写真のようにメモを取って、暗記しています。

 

 

 

 

 

また、リスニングのやり方ですが、これは特別な教材を買う必要はないです。

今はYouTubeにたくさんのお手本があります。

一般的な教材は実践的なフレーズがないことが多いですし、何よりあまり面白くないです。

YouTubeを使ってリスニング練習をして、まずは動画のフレーズを丸暗記してみましょう。

これをするだけで、リスニング力とスピーキング力はグッと伸びますよ!

下記に僕のおすすめの動画を載せておくので、良ければ参考にしてみてください。

参考動画

会話の基礎フレーズを覚えるならこのシリーズ!

ちょっと飽きてきたな、でも面白い動画見たいな、だったらこのシリーズ!

これは日本でいうお笑い番組みたいなものです!

ビジネスレベルを目指す

日常会話ができるのは前提条件、その上でさらに言葉を選ぶスキルやわかりやすさが求められるようになってくるレベル。

これは僕自身の経験がないので、ビジネスコースも開講している留学先の台湾人の先生が言っていたことをそのまま引用させてもらいます。

彼女いわくビジネスレベルで中国語を使いたいのなら

  • 留学は必須
  • ビジネススクールに通う
  • 現地でインターンをする

この3つが最低条件だと言っていました。

『ビジネスレベルで使いたいのなら、極端に言えば現地の人間よりも上手くならないといけない』そうです。

というのも、ビジネスをするなら何よりその国や地域のことを理解しないといけません。

そのために留学が必須であり、専門的な知識をつけるためにビジネススクールに通い、

そしてさらに、そういった言葉が実際にどのように使われているかを学ぶために現地でインターンをする。

というプロセスです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今日は中国語の段階別勉強法についてまとめました。

語学の勉強で一番大事なのは焦らないことです。

語学は『語楽』であって、『語が苦』ではないです。

言語の勉強にゴールなんて絶対にないので、自分のペースで積み上げていきましょう。