中国語

語学は語楽!?怠学生りゅうちゃの台湾日記

 

先日、授業中に小ボケをかましたら見事にスベって部屋をエアコンいらずにすることに成功しました、りゅうちゃでございます!

なんて環境に優しい男なのでしょうか。

そんな環境にも女性にも優しい男りゅうちゃに、本日もどうぞお付き合いください。

と、

そ・の・ま・え・に

お前誰やねーんって方に向けて、簡単にりゅうちゃのプロフィール紹介しますね

 

  • 都内某大学(割と有名だと思うよ♡)の2年生
  • 小中は野球、高校大学はバレーにがっつりハマる
  • 音楽聴くの大好き
  • 高校から中国語の勉強を始め、現在台湾に留学中

 

さいしょに・・

 

このプロフィールを見て頂ければわかるように実は今僕、台湾に留学しているんです。

(なんで台湾なの?って思う人もいると思うんですが、それはまた後日お話ししますね。)

 

つまり何が言いたいかっていうと、

冒頭で話した『授業』っていうのは、

インターナショナルな生徒さんが集まるクラスなんです。

いいですか?

そして授業が始まったのは1週間前

 

そしてその後僕がどうなったか。

もう、お分かりいただけますよね。

はい。

完全にクラスから浮きました。

 

台湾に来て早々、生活がハードモードになって凹んでるりゅうちゃでした。

 

 

 

と、まぁ余談はここまでにしまして。

今日皆さんにお伝えしたいのは、

 

語学ってなんだろう

 

ということです。

 

・・・・??

 

(こいつやばい奴だと思ったそこのあなた、大正解ですよ)

 

語学を習得する意味って何?

 

みなさんは語学を習得する意味ってなんだと思いますか?

 

これはたったいま思いつきで言った訳じゃなくて、僕が高校生のとき初めて語学の勉強をしていて壁にぶつかった時に思ったことなんです。

 

もうすでに何かしら語学の勉強をしている方にはわかると思うんですが、

 

語学の勉強って結構根気がいるし、なかなかどうしてしんどいんですよね。

 

中学校から英語の授業が始まり、高校では学校によって第二外国語(通称二外って科目があるところもあったり。。。

 

英語でさえまともにできないのに第二外国語ってなんだよ!!って大半の人が思ったんじゃないでしょうか。

ちなみに僕らは、第二外国語じゃなくて第二害国語って言ってました。(語学関係者の方ごめんなさい。)

(というのも、僕らの学校って、大学の附属校であるせいか成績評価が厳しくて二外は他の科目の勉強時間との兼ね合いも考えると結構重い科目だったんですよね、、)

 

もう日本人なんだから日本語だけでいいじゃんか!

定期テストのたびにそのフレーズが教室中飛び交っているのを今でも覚えています。

 

もちろん大学に入ってからも耳にタコができるほど聴きましたこの言葉。

他にも、

 

語学の授業だりぃ〜

 

とか、

 

次のコマ、語学だからサボってカラオケ行かね

 

とかとか。

もちろん逆に語学の授業を楽しみにしていた人もいましたしね。

本当に大学って、十人十色って言葉が似合いますよね。

 

僕の思う語学

こんな風に、語学をする意義って人それぞれだと思うんですけど、

語学って突き詰めれば

語楽(語しむ

になると僕は勝手に思ってるんですよね。

最初に言ったように語学の勉強ってかなり根気が要りますし、正直辛いこともありますけど、習得した先にはそれ以上のが待っているんじゃないでしょうか。

さいごに

とまぁここまで偉そうに色々書いてきたわけなんですが、

実はこれ、僕の初投稿でした

 

こんな感じで、これから色々書きながらちょこちょこ僕の台湾生活も更新できたらなって思ってます!

真面目なのか不真面目なのか、もうよくわからないりゅうちゃではありますが、

どうぞ末長くお付き合いくださいね!