中国語

『留学をしたい人へのアドバイス』留学したいならまずスポーツを始めよう!

 

りゅうちゃ
りゅうちゃ
どうも皆さまおはこんばんにちは、りゅうちゃでございます。

さて今回は、現在留学を考えている大学生、高校生、あるいは留学に夢を抱いている中学生に向けての記事です。

今回の記事で僕が何を言いたいかというと、結論から先に言ってしまうと、

留学したいならスポーツをしようです。

一体どういうことなのか?お時間がある方はゆっくりご覧になってください(´∀`)

と、その前に軽く僕の自己紹介をしようかなと思います。

  • 小中学校は野球、高校からはバレーボールを始める
  • 高校1年生から中国語の勉強を開始
  • みんなでいるのも楽しいけど、一人の時間も欲しい性格

はい、こんな感じです。一言で言ってしまえば、スポーツ大好きだけど陰キャラな少年といったところでしょうか??

りゅうちゃ
りゅうちゃ
もともと人と話すのもそんなに得意ではありませんでしたしね(笑)

とにかく人と話そう

まず語学学習で一番大事なことですが、断言します。人と話すことです。

正直、文法や単語を暗記したりするのは二の次で構わないと思います。

りゅうちゃ
りゅうちゃ
現地で彼氏彼女を作るといいっていうのはそのためですね

僕は高校から留学に行くまでもずっと中国語を習っていましたが、あくまでそれは文法や単語など知識面のことばかりで、『人と話す』ということを全くしていませんでした。

なので、当初台湾に来た時は全く会話ができませんでした。何言ってるかすらさっぱりわからずじまいです。

それどころか、どうやって友達を作ったらいいかすらわからずじまいで、まさに八方塞がり状態でした。

りゅうちゃ
りゅうちゃ
自分で選んで留学に来たはずなのに、始まった途端絶望からのスタートです(笑)

じゃあどうやってその状況を脱したのか??

結論、スポーツ最強

スポーツをすることの最大のメリットは、

喋らなくても一緒に行動できることです。

岡村くん
岡村くん
喋るきっかけが欲しくてやっているのに喋らなくていいって、なんか矛盾しているような、、、

と思ったそこのあなた。これが意外と的を射ているんですよ。

喋らなくても一緒に行動できるということは、

すなわち、一緒にチームを組んだ時点で否が応でも無視できない存在になるということです。

つまりその環境を利用して、そこをきっかけにして、会話を始めていくんです。最初は『ナイス〜』とかそういう感じで大丈夫です。

そうやって少しづつ話していって関係を深めるんです。もしこの段階で一緒にご飯行こうとか言われたら絶対断っちゃダメですよ!!

りゅうちゃ
りゅうちゃ
相手も自分に興味を持って勇気を持って話しかけてくれている段階なのですから、そこも自分は勇気を持って答えましょう!

この記事のまとめ

何事もきっかけをつかむことが大事と言われますが、語学を習得する上で大事なのは何度も言いますが、『友達を作ること』、そしてひたすら『会話すること』だと僕は思います。

事実、僕の台湾での友人のほとんどはバレーボールを通してできた友達ですし、さらにその人を通して知り合った人と、毎週言語交換をしています。

留学でどうやって友達を作ったらいいかわからない人は、何でもいいのでスポーツ、初めてみてはどうでしょうか?